楽天、「みんなのビットコイン」を連結子会社化 仮想通貨交換業へ参入(ITmedia ビジネスオンライン)

[ 元の記事 ]
出典元: 楽天による発表

楽天は8月31日、子会社の楽天カードを通じて仮想通貨交換取引所「みんなのビットコイン」を運営するみんなのビットコイン(東京都港区)を連結子会社化すると発表した。10月1日付でみんなのビットコイン株式の100%を2億6500万円で取得する。

今後は楽天グループの金融事業におけるノウハウとみんなのビットコインの仮想通貨交換業におけるノウハウを活用し、仮想通貨関連サービスを展開させていく。

楽天はEコマースや実店舗で仮想通貨を決済手段として円滑に提供するため、仮想通貨交換業への参入に踏み切ったと説明。また、グループ会社である楽天証券の顧客から仮想通貨の運用を期待する声が上がっていたことも理由の1つだったという。

みんなのビットコインは「みなし仮想通貨交換業者」として営業しており、「仮想通貨交換業者」として登録申請中。今年4月に、金融庁よりマネーロンダリングやテロ資金供与防止対策などが不十分だったとし、改正資金決済法に基づく業務改善命令を受けている。現在は指摘事項に対して改善を図っている最中だという。2018年3月期の売上高は約2500万円、最終損失は約5000万円だった。