ハッカーに34億円相当を盗まれた仮想通貨取引所「Bithumb」、新規顧客受け付け再開(ITmedia ビジネスオンライン)

[ 元の記事 ]
出典元: 韓国は「仮想通貨大国」と称されている(画像提供:Getty Images)

今年6月に350億ウォン(約34億円)相当の仮想通貨をハッカーに盗まれる被害に遭った韓国の大手仮想通貨取引所「Bithumb」が、一時停止していた新規顧客受け付けを再開していたと米CNBCが報じた。

【画像:韓国の仮想通貨取引所Bithumbの公式Webサイト】

 韓国は仮想通貨取引が盛んであり、世界4位の取引量がある。Bithumbも事件前は、世界5位の取引量を誇っていた。事件後は新規顧客受け付けなど一部サービスを停止し、「セキュリティを確保した後に再開する」としていた。

 Bithumbの1日の取引高はハッキング事件を受け減少し、8月に入ってからも7200万ドル程度で推移していたが、28日には3億6200万ドルまで増加している。同取引所の復活は、足元のビットコイン価格の復調にも寄与しているとみられる。

 米仮想通貨投資機関BKCMのブライアン・ケリー氏も「昨今の仮想通貨市場で1番のビッグニュースは、Bithumbが戻ってきたことだ」とサービス再開を歓迎している。